rainbow.jpg

知っておきたい台湾のルール。郷に入れば郷に従え!

海外旅行編

知っておきたい台湾のルール。郷に入れば郷に従え!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

台湾には台湾の暗黙のルールが存在します。

日本にはないルールなので、知らないと驚くようなルールも多いです。

今回は、台湾旅行で知っておくと便利なルールを紹介します。

台湾に行ったなら、台湾のルールを尊重して過ごしてみましょう。

知っておきたい台湾のルール

トイレのルール

台湾でのトイレはトイレットペーパー以外流せないようになっているので注意しましょう。

台湾のトイレには、排泄物以外のものを便器に流してはいけません。

観光客が宿泊するようなホテルでは、トイレットペーパーを流せるところも存在し、一般的に高級ホテルであればあるほど、トイレットペーパーを流せるトイレであることが多いです。

しかし、基本、ホテルでも「トイレットペーパーを流さないように」と張り紙がしてあります。

拭いた後の紙は、便器の横に置いてあるゴミ箱に捨てます。

つい日本人だと、いつもの癖でトイレットペーパーを流してしまいがちなので注意しましょう。

MRT(地下鉄)のルール

MRT(地下鉄 )内では飲食禁止なので覚えておきましょう。

<MRT(地下鉄)では飲食禁止>

MRT(地下鉄)では、構内や車内での飲食は禁止されています。

もし、飲食したことが分かれば、罰金を支払わなければなりません。
もちろん、この規則は外国人にも適用されます。

MRT(地下鉄)内での飲食禁止の取り締まりは厳しく、駅員は一人一人の口元をチェックしています。

飴やタブレット、ペットボトルの水を少し口に含む行為も禁止です。

乗・降車時のルールはない

日本では、駅に着くと、ドアの前に立つ人は一度ホームに降りて、他の降りる客の邪魔にならないように避けますが、台湾ではこのルールがありません。

また、電車から人が降りてから乗るというルールもないので、乗・降車時は、降りる人や乗る人でいつもゴチャゴチャしています。

台湾で、自分が降りる前に乗り込む台湾人がいても怒らないでください。
台湾では、日常的にみられる光景です。

交通ルール

台湾では車両優先なので青信号でも気をつけて道を渡るようにしましょう。

日本は歩行者優先ですが、台湾は車両優先です。

信号の変わり目など、少しでもいけそうだと感じたドライバーは、危険を顧みず突っ込んでくるので、歩行者はかなり用心しなければなりません。

信号が青でも、しっかりと左右を確認してから渡りましょう。

お家のルール

台湾人は、よく縁起を担ぎます。
だから、不吉とされる行動をとると、叱られます。

玄関に傘を干すという行動も、不吉とされる行動の一つです。

日本では、雨で濡れてしまった傘を玄関に干すのはよく見られる光景ですが、台湾では室内で傘を広げる行為は不吉とされます。

室内が駄目なら、玄関前に干そうと思っても、これも不吉だと言われ怒られることが多いです。

ちなみに、台湾では傘をプレゼントするのも不吉だとされます。

中国語で傘は「サァン」と発音しますが、これは別れるという意味の散「サァン」の発音と同じことから不吉だとされています。

傘の扱い方には要注意です。

お盆の過ごし方のルール

台湾には鬼節と言われる、日本でいうとお盆にあたる、先祖を祀る日があります。

台湾では、日本と同様、鬼節に海や川などの水場に出かけると、水場に溜まった霊が人を引きずり込むとされ、不吉だと言われています。

さらに、この日は、夜に洗濯をすることも不吉だとされ、洗濯をすると霊が洗濯物にくっついてくると言われています。

迷信ですが、台湾人には信じている人が多く、このルールを守っている人が多いです。

この時期に、夜、ホテルのコインランドリーで洗濯をしていると、嫌な顔をされるかもしれません。

台湾には台湾独自のルールがあります。

初めての旅行では戸惑うことが多いですが、日本とは違う様子を体験できるのも楽しみの一つです。

台湾でのルールを守って、充実した旅行にしましょう。

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ