5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

台湾の気候と服装・台湾旅行前に知っておきたい観光のベストシーズン!

海外旅行編

台湾の気候と服装・台湾旅行前に知っておきたい観光のベストシーズン!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

台湾の気候は、

・北は亜熱帯気候(日本の沖縄県も亜熱帯気候。沖縄のような気候と捉えましょう。)

・南は熱帯気候(1年を通して月の平均気温が18度以上。気温は1年を通して安定している)

に分かれています。

実際に、台湾旅行に行くときは、どのような服装をすればよいのでしょうか。

持っていく服で気を付けることとは?
観光に適した季節はいつ?
ということを、分かりやすく紹介していきます。

季節ごとの簡単な気候の説明

●春(3~5月)
・晴れの日は暑い。
・朝晩は冷えるので、昼との寒暖の差が激しい。
・5月から梅雨に入る。


●夏(6~9月)
・昼は30度近い気温。
・特に7月が熱い。35度付近まで気温が上がることもある。
・夏は梅雨の時期で湿度が高い。
・8月から台風の季節に入る。


●秋(10~11月)
・10月は、まだ台風の季節だが、8・9月に比べ頻度は少ない。
・11月は日本の春のような気候で過ごしやすい。


●冬(12月~2月)
・天気は曇りや雨の日が多い。
・日本の冬と違い、肌寒い程度の寒さ。
・南部の冬は、最高気温が23度前後のときがあり、暑い日もある。

季節ごとに持っていく服

●春(3~5月)
・晴れの日はTシャツでよいが、雨の日はその上にジャケットを羽織る程度。

ここに注意!
すでに紫外線が強いので、日焼け止めや帽子、サングラスを忘れずに!


●夏(6~9月)
・北部、南部ともTシャツだけでよい。
・台湾では過剰にエアコンが効いているため、薄手のカーディガンやストールを持っていくと安心。

ここに注意!
日差しが痛いほど暑く、梅雨の時期でもあるので、日傘や雨傘は必須。晴雨兼用の傘を持っていくと便利。


●秋(10~11月)
・長袖シャツで十分。
・薄手のコートは必要ない。


●冬(12月~2月)
・北部は薄手のコートが必要。
・薄手の長袖、長ズボン。
・南部は晴れると、Tシャツ1枚で過ごせる日もあるので、南部に行く場合は、Tシャツも持っていく。

ここに注意!
台湾には、こたつやストーブがないので、厚着をして寒さを乗り切ることがある。
多くのホテルには暖房がないので、寒波が来た時に備えて、万が一のために、厚手の服やマフラーなどを持っていくと安心。

観光に適した季節・適さない季節

観光に適した季節

観光に適した季節のひとつが春です。
春休みの旅行としての候補にいかがでしょうか。

・3月と4月(梅雨の時期に入る前。夏に比べて暑くない。)
・10月~11月(台風の時期が終わり、日本の春のような過ごしやすい季節)

ここに注意!
旅行の計画を立てるのに一番穴場の季節は6月です!
気温は少し高めですが、学校の休み前なので現地の人の移動が少なく、宿泊施設や交通の手配もスムーズにいきやすいです。
また、航空運賃やホテルの宿泊料金が割引になるのも6月で、安く旅行ができる時期となります。

観光に適さない季節

夏は観光には適さないシーズンですが事前準備があれば思い切り楽しめます。

・7月(猛暑のため屋外観光に適さない)
・8月~10月上旬(台風の季節)
・11月~2月(冬なので天気が悪い。その日の天気によって服装を調節しなければならず、持ち物が増える。)

旅行に出かける時は、その国の気候に応じた服だけでなく、気候に準じて持っていくアイテムも欠かせません。サングラスなど、必要な物は忘れないようにしましょう。

日本と比べて、温かい気候の台湾ですが、寒暖の差が激しく体調を崩しやすいので、体調管理にはくれぐれも気を付けて観光を楽しんで下さい。

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!