rainbow.jpg

台湾で味わいたい娯楽と嗜好品♡

海外旅行編

台湾で味わいたい娯楽と嗜好品♡
指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

台湾に行ったら、せっかくなので、観光地だけではなく、台湾人が普段よく出かけるスポットや嗜好品など、試してみたいですよね。

ここでは、台湾にある娯楽や嗜好品について、まとめてみました。

知っておくと便利なので、覚えておきましょう。

台湾の娯楽と嗜好品

愛煙家には厳しい国・台湾

台湾は禁煙な場所が多くなっています。
また歩きたばこは禁止されているので、外で吸う際は必ず立ち止まりましょう。

台湾は、2009年「煙害防止法」が施行されてから、以下のような取り組みをしています。

・3人以上の集まる室内での喫煙は禁止
・妊婦や3歳未満の子供がいる室内での喫煙は禁止
・公園を含む公共の場所(交通機関の構内・学校・病院・会社・ホテル・タクシー・カフェやカラオケ店といったお店)での喫煙は禁止
・市内の学校周辺の歩道は全面禁煙
・歩きたばこは禁止

この法律は、受動喫煙による健康被害を防止するためにできました。

では、喫煙をするときは、どこで吸えばよいのでしょう。

喫煙する場合は、決められた喫煙所か、外で吸うことになります。

ただし、ホテルには喫煙ルームすら設けていないところもあります。
その場合は、わざわざ外へ出て吸うしかありません。

また、外で吸う場合は、歩きたばこは禁止ですので、必ず立ち止まって吸うようにして下さい。路上で立ち止まって吸うのは違反ではありません。

もし、「煙害防止法」に違反する行為を犯した場合、日本円にして約8千円~約4万円の罰金が課せられます。
もちろん、外国人にも適用されるので気を付けましょう。

また、台湾には灰皿が置いてない場合が多いので、必ず、携帯用の灰皿を持っていきましょう。

魅力ある台湾のカラオケ店

台湾のカラオケは持ち込み自由であり、食べ放題のプランがあったりします。
観光スポットとは違った楽しみを味わうことができます。

台湾のカラオケ店は、日本と違い、部屋が広くて料理がおいしい、そして何より嬉しいのは値段の安さです。

一番狭い部屋でも、日本のカラオケ店の部屋の倍はあります。
ある程度の人数なら、パーティー会場並みの広さの部屋に通され、トイレまでついています。

カラオケ店での食事は、食べ放題があるところもあり、味も美味しいので食事をする場所としても楽しめます。

曜日や時間帯にもよりますが、平日の夜だと、3~4時間歌い、食べ放題の食事をとって、日本円で一人1500円程度で済むこともあります。とても安いです。

また、台湾のカラオケ店で嬉しいのは、持ち込みが自由なところです。
コンビニで安くお酒を調達して、カラオケをしながら飲んでいる若者も多くいます。

台湾ビールは美味しい!

台湾ビールはフルーツテイストで美味しいです。
ぜひ旅行の際はたしなんでみてはいかがでしょうか。

台湾ビールと呼ばれるフルーツ系のビールは、ビールの苦手な人にも飲みやすいビールです。

台湾ビールの特徴は、日本のビールに比べ、非常に軽い味なので、これだけで酔うことは、なかなかありません。
ガブガブと飲んでも悪酔いしないので、女性でも安心して飲むことができます。

マンゴービールやパイナップルビールなど、面白いビールがたくさんあるので、試してみましょう。

台湾の映画館


台湾では、チケットを購入する際、ポップコーンや飲み物などと一緒にチケットがセット販売されています。
それらの種類の多さに、どのセットにしようか迷ってしまう程です。

もちろん、日本と同様、チケットだけを購入することもできますが、セットになったチケットを買うのが一般的です。

台湾の映画館では、私語が厳禁というルールがないので、映画を観ながら感想を言ったり、大声で笑ったりする台湾人の姿が見られます。
映画の内容がよく分からなくなってしまう程、台湾人の私語の声は大きいですが、会場が一体となって映画を楽しむという独特の雰囲気に飲まれるのも、また日本では味わえない楽しさです。

また、日本と違い、映画の値段が安いので、気軽に楽しめます。

台湾に行ったら、これを試してみたい!と思うものは見つかりましたか。

台湾の嗜好品や娯楽は、日本と似て非なるものばかりなので、面白い体験ができるかもしれません。

実際に話を聞くことと体験をすることは、全く違います。
実際に自分で体験をして、リアルな台湾の空気に触れてみて下さい。

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
1
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ