rainbow.jpg

世界遺産登録されている首里城を訪れよう!

国内旅行編

世界遺産登録されている首里城を訪れよう!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

沖縄の観光スポットといえば、「首里城」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
那覇市内からも近く、沖縄に着いてからすぐ巡ることもできる場所でもあります。
また2000年に世界遺産に登録されてからは、さらに観光客も多くなっています。
琉球王国の歴史、沖縄の歴史について知ることができるスポットなのでぜひ立ち寄ってみましょう。

近くのパーキングに車を停めよう

沖縄旅行ではレンタカーで観光スポットを巡ることがほとんどだと思います。
そこでまず駐車場を探すことからスタートすることでしょう。
首里城には地下駐車場があります。こちらに停めて行くことが、1番利便がいいでしょう。料金は320円となっています。しかし周りにも個人が経営しているパーキングなどもあるので、こちらも利用してみても良いと思います。料金は500円ほどで借りられます。

守礼門で記念撮影♪

観光をするとすぐに見えてくるのが守礼門です。今はあまり見かけなくなりましたが、二千円札に描かれているほど有名です。守礼とは礼節を守るという意味があります。
ここからが首里城を巡るスタートとなるので記念に写真を撮っておきましょう。
後から説明するのですが、首里城の正殿内は撮影不可のところがあるので撮れる場所でしっかり思い出を残しておきましょう。

二千円札に描かれているほど有名な箇所です。
記念撮影スポット間違いなしです。

首里城正殿内を巡ろう!

首里城正殿へは入館券を買おう

券売機で購入することができます。もちろん、窓口で購入することもできます。
料金は大人820円、高校生620円、小中学生310円となっています。幼児は無料です。
受付所にはコインロッカーもあるので、旅行中の荷物が邪魔な人は預けることができて便利ですよ。

首里森御嶽(すいむいうたき)を見よう

券売所を出ると目の前にあります。ここは「琉球開闢神話」によると、神が造った聖地といわれています。また琉球最古の歌謡集「おもろさうし」には首里森御嶽に関する詩歌が多数あります。

無料エリア内にあるのでチェックしておきましょう。

首里城正殿内へ行こう

ここから有料となります。ここは琉球王国の政治・経済・文化などの中心となっていました。また様々な式典が行われています。

南殿内で展示物を見よう

ここからは土足厳禁となっています。入り口で袋をもらえるので、その中に靴を入れて出口まで持って観賞します。ここからは撮影禁止となっているので、じっくりと見ていきましょう。中には絵画や三線などがあり、琉球時代について学ぶことができます。

二階御差床(にかいうさすか)

館内を巡って行くと、二階御差床というところに辿り着きます。ここは国王の王座としてさまざまな儀礼や祝宴などが行われていました。儀式の際には、床の間に香炉、龍の蝋燭台、金花、雪松などが置かれていました。壇の側面にはブドウとリスの文様が彫刻されています。これは繁栄を願ってしるされているとされています。

ここでは写真を撮ることができるので、記念に残しておきましょう。
また当時の冠等も見ることができます。

ぜひ沖縄に行った際には立ち寄ってみましょう♡

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!