5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

義に生きた会津藩主・松平容保ゆかりの土地を巡る旅

国内旅行編

義に生きた会津藩主・松平容保ゆかりの土地を巡る旅
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

福島県会津若松市は、江戸時代、会津藩がこの地を治め、石高23万石を有する日本有数の藩でした。

江戸末期から明治にかけて起こった戊辰戦争はご存知でしょうか。
ここ会津若松市は、会津戦争と呼ばれる、戊辰戦争最大の悲劇を生んだ土地です。
会津藩主・松平容保公に忠義を尽くすため、戦いの足手まといになると感じた女性や子供、老人が集団自決し、2500人もの死者を出して会津戦争は集結しました。

松平容保公の逆賊の汚名を返上するため、そして会津藩の名誉と存亡をかけて、会津藩士やその家族、白虎隊などの精鋭部隊あわせて6千人もの人が、命がけで新政府軍との戦いに挑みました。
会津若松市には、その時代を物語る資料館や遺跡が多数存在し、毎年、多くの観光客で賑っています。

逆賊の汚名を着せられながらも義に生きた会津藩主・松平容保公

歴女という言葉ができているように、今歴史ブームとなっています。
今回は幕末の藩士、松平容保公について紹介します。

なぜ、会津藩は新政府軍に目をつけられ、会津戦争という悲劇を生み出してしまったのでしょうか。

それを引き起こした背景には、会津藩が会津を統治している間、200年に渡り順守してきた「家訓十五條(かきんじゅうごじょう)」の存在があります。
「家訓十五條」とは、家訓や人の道、主君への忠義など、会津藩士として生きるためのあるべき姿を説いたものです。

会津藩の徳川幕府に対する忠義は強く、この「家訓十五條」は、当時、毎年、藩主・家老・藩士が集まる「拝聴式(はいちょうしき)」で読み聞かせられ、藩士たちの徳川幕府に対する忠義の心が代々、受け継がれていきました。

藩士たちの徳川幕府に対する忠義の心について書かれています。

しかし、この徳川幕府への忠義が皮肉にも会津戦争を引き起こす引き金となります。

1862年、会津藩主・松平容保は、徳川幕府への強い忠誠心が認められ、京都守護職に任命されました。

当時の京都は、一部の長州藩士が幕府の人間を暗殺するなど、反幕府を掲げており、また、薩摩藩の、朝廷と幕府は連携していくべきだとする勢力が対峙し、治安が悪化していました。京都守護職は、この暴力行為を武力で封じ、京都の治安を維持するために設けられた役職です。
京都守護職に任命された松平容保は、疑わしい人物を容赦なく取り締まったことで、孝明天皇から厚い信頼を受け、京都の治安も回復していきます。

しかし、松平容保に絶大な信頼を寄せていた孝明天皇が崩御すると、再び、京都の勢力図が変わり出しました。
薩摩藩が、反幕府軍である長州藩に服し、朝廷を抱き込んで新政府軍を樹立してしまったのです。

新政府軍は、徳川家に官位と領地の返上を求めますが、徳川幕府15代将軍・徳川慶喜はこれを拒否し、松平容保もこれに従います。

そして、ついに会津戦争を引き起こすことになる鳥羽伏見の戦いが始まったのです。

鳥羽伏見の戦いが始まった翌日、薩摩藩・長州藩によって、戦場に錦の御旗が翻りました。
錦の御旗は朝廷が新政府軍を認めたことの証であり、この新政府軍に歯向かうことは逆賊とみなされるということでした。

鳥羽伏見の戦いは会津藩が惨敗し、逆賊の汚名を着せられました。

戦いに惨敗した松平容保は、そのまま会津に戻りますが、降伏はしませんでした。
降伏すれば逆賊という罪を認めたことになる、たとえ逆賊の汚名を着せられようと義をもって生き、後世の正当な判断を待つという意識が会津藩にはあったからです。

そして、会津戦争が始まりました。

鳥羽伏見の戦いの跡が見られる場所も残っています。

松平容保ゆかりの土地

義に死すとも不義に生きずという言葉通り、会津藩は最後まで勇猛果敢に戦いました。
槍や旧式の鉄砲しか持たない会津藩は、新政府軍によりアームストロング砲で狙い撃ちをされ、城内にいた女性・子供・老人も砲撃の犠牲となり、千人もの死者を出して会津戦争は終結しました。

松平容保の義に生きるという強い思いに、精鋭部隊や藩士やその家族が従い、最後まで懸命に戦った、そして会津戦争によって2千5百人もの死者を出してしまった現実に、松平容保は嗚咽しながら泣いたと言われています。

義に生きた松平容保に心を馳せてみませんか?
松平容保ゆかりの土地を紹介します。

旧滝沢本陣

旧滝沢本陣には銃弾の跡などを見ることができます。

福島県会津若松市一箕町八幡滝沢122
電話0242(22)8525

会津戦争の際、松平容保はここ滝沢本陣に陣を敷きました。
しかし、新政府軍により銃弾が滝沢本陣に容赦なく浴びせられ、ここから若松城へと移ります。滝沢本陣の建物には、その時にできた銃弾の跡が生々しく残っています。

会津藩主松平家墓所

会津藩主松平家墓所も観光スポットとなっています。

福島県会津若松市東山町大字石山字墓山
電話0242(39)1305

会津藩主松平家墓所には、2代目当主の保科正経から9代目の当主松平容保までの歴代の藩主が眠っています。
新緑の季節や紅葉が綺麗な季節は私たちの目を楽しませてくれます。閑静で広大な墓所を巡るのに最適な季節です。

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ