rainbow.jpg

冬の旭山動物園に感動!一度は見たい、動物がもつ本来の美しさ

国内旅行編

冬の旭山動物園に感動!一度は見たい、動物がもつ本来の美しさ
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

<子供に伝えたい動物の美しさ>

北海道旭川市にある旭山動物園は、毎年、全国から来園者を集客する、絶対に外せない人気スポットです。
一時の動物園ブームの時に比べると、今は集客数が落ちつきましたが、それでも年間160万人ほどの来園者を招き入れ、多くの人たちを楽しませています。

なぜ、ここまで旭山動物園は人々を魅了するのでしょう。

旭山動物園といえば、1994年にローランドゴリラとワオキツネザルがエキノコックス症で死亡したのをきっかけに、来園者が激減したことがあり、廃園すべきとの声が上がるほどでした。

この、絶望的な状況の動物園が、人々の心を揺さぶるほどの、感動を与える動物園に変わったきっかけは、「動物の魅せ方を工夫すること」でした。

動物の息遣い、しなやかで力強い動き、生命の逞しさを感じる瞳、その動物が持つ生命力そのものを、直に肌で感じることができるようにしたのです。動物の本来あるべき姿こそ、その動物が持つ魅力であると気付いた園は、その動物の、生き生きとした躍動感あふれる姿を来園者に伝えることができるように、ずっと努力を続けてきました。
そして、その結果、ここまで人々の心に響く動物園に成長することができたのです。

遠くから眺めるだけの動物園ではなく、いろんな角度から動物を見れるように、また触れられるように、動物との距離を縮める努力を重ねてきました。
動物のありのままの姿はとても美しいと、改めて感じ、気付くことができます。
ぜひ、子供や大切な人と足を運んでみて下さい。

<冬季限定!冬だけ見られる、貴重なイベント>

冬の旭山動物園には、冬ならではの動物たちのイベントが催されています。

・ペンギンの散歩とトボガン広場(12月~3月の天候の良い日)
キングペンギンとジェンツーペンギンが散歩コースを30分ほどかけて歩いてきます。

キングペンギンは物おじしない性格で、見ている人を逆にじっと観察していることもあります。

ジェンツーペンギンは、一般的には臆病ですが、旭山動物園のペンギンは人慣れしているせいか、愛嬌が良い印象です。

ペンギン かわいい みたい 子供 動物園

また、ペンギンが翼にあたる部分を広げ、お腹で雪の上を滑りながら移動する行為をトボカンと言います。
トボガン広場では、ペンギンが陸橋を渡るときに、その可愛らしい姿を確認することができます。

・アザラシ館の流氷ひろば(年明け~2月)
アザラシ館では、少しでも野生の姿に近い形を見せるために、冬季限定でアザラシ館に流氷ひろばが設けられています。
流氷をイメージして作られたプールの中を自由自在に行き来しています。時折、氷上に上がるための穴から、呼吸するために顔を覗かせる姿は、可愛いだけではなく、まさに野生本来の姿を感じることができます。

また、流氷ひろばでは、流氷の下からもアザラシの様子を観察することができます。
流氷の下で、アザラシたちがどのように泳いで暮らしているのか、流氷を下から見る眺めはどんなものか、私たちも疑似体験することができます。

アザラシ かわいい 

<旭山動物園に行くときの注意点>

・防寒対策をしよう
冬の旭山動物園の寒さは厳しいです。

毎年、12月~3月までの間は、平均気温が氷点下で風も冷たく、十分な防寒対策が必要です。
3月とはいえ、旭山動物園ではまだ真冬の気温なので、冬用のウエアと長靴で行くのがベストでしょう。

また、替えの靴下を何枚か持っていると、靴下が濡れたときに交換できるので便利です。

雪国では、いくら長靴を履いたとしても、長靴のほんのわずかな隙間から雪が入ってしまい、水が染みて靴下が濡れてしまうことがあります。

子供連れなら、なおさら、替えの靴下を何枚か持っていきましょう。気持ち悪い思いをしなくて済みます。

防寒 冬 寒い

・ペンギンの散歩の見学について
ペンギンの散歩の見学は、人気が高いため、場所取りなどで大勢の人が賑わいます。
ペンギンの散歩を見る際は、少しでもペンギンのストレスを軽減するために、以下の3つのことに気を付けなければなりません。

●カメラのフラッシュは必ずオフにしておきましょう。
●赤いラインからはみ出さないようにしましょう。
●ペンギンに触ってはいけません。触ることで、ストレスになり体調を崩したり、触れた勢いで転倒する危険が伴うので、絶対に止めましょう。

旭山動物園では、動物たちの本来あるべき姿、動物たちの時間の流れに、直接触れて感じることができます。
動物たちのその独特の時間の流れを感じることが出来たら、きっと動物たちの生命力の逞しさや美しさを理解できることと思います。
一度、動物たちに流れる、ゆったりとした時間を肌で感じてみませんか?

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ