rainbow.jpg

海外旅行のときの荷物に気をつけよう!

海外旅行編

海外旅行のときの荷物に気をつけよう!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

海外旅行中は荷物に気をつけよう!

国内旅行のつもりで海外旅行に行くと、大変なことになってしまうかもしれません。
持って行ったほが良いもの、持っていかなければならないものがあるわけですが、日本人がやってしまいがちなのが、荷物から目を離すことです。
国内旅行なら、一瞬目を離したくらいなら大丈夫かもしれませんし、置き忘れて戻っても荷物が置きっぱなしということも十分ありえます。
しかし、そういうつもりで海外旅行に行くと、痛い目に合うかもしれません。

目を離した隙になくなっていることも・・・

例えば、目を離したのは一瞬なのに、その間に荷物を持っていかれたりすることなんてよくあります。
荷物を後ろに置いたら尚更です。
気づかないうちになくなっていたなんてこともありえます。

リュックにも細心の注意を払おう

また、荷物を身に着けていてもやられてしまうことはあります。
身につけているわけですから、荷物ごと持っていかれる可能性は低いですが、気をつけなければいけないのはリュックです。
リュックというのは普通、背負うものです。
だから、後ろは見えません。
チャックを開けられて中のものを持っていかれるということもあります。
しかも相手は慣れているのか、それに気づかないことだってあります。
日本だとよくチャックを開けっ放しにして歩いている人がいますが、あんなのはどうぞ取ってくださいと言っているようなものです。
閉めていたって取られてしまうのですから、開けていたら取られても文句は言えません。

リュックも狙われやすくなっています。前で背負うなど細心の注意を払って行動しましょう。

海外では日本基準ではないことを理解しよう!

よく海外の人が日本に来たとき、何かを落としてしまったことに気づき、その場に戻ったらまだ置いてあって驚いたなんて話をよく聞きます。
しかし、海外では落としたらもう戻ってこないと考えているところが非常に多いです。
もちろん、そういう意味で日本基準になれば助かる人も増えるのかもしれませんが、残念ながら日本のようなところは珍しいのです。
ですので、荷物に関しては本当に気をつけなければいけません。
置きっぱなしなんてありえませんし、自分の後ろに荷物を置いておくこともありえません。

気をつけすぎて損はなし!!

1番確実なのは、抱えて持つことかもしれませんね。
もし待ち合わせなんかで待つことがあるのなら、可能なら荷物の上に座るというのもありかもしれません。
もちろんその場合は、チャックが後ろにいかないように考えることも大事です。
荷物の中にそのときの全財産が入っている可能性もあるのですから、気をつけて損をするということはありません。
むしろ日本人はもっと気にしても良いくらいだと思います。
良い思い出となるよう、荷物とその周りには気をつけてください。

実際に被害に合われた方も・・・

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!