rainbow.jpg

海外での女性の一人旅を安全な旅にするためには

海外旅行編

海外での女性の一人旅を安全な旅にするためには
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

女性の一人旅は危険がいっぱい

自分の身の安全は自分で守るという意識を持つ

女性の一人旅、憧れますよね。
1人で旅の計画を立て、いろんな場所で異文化を自由に楽しむ一人旅は、自立した女性にとって憧れです。

しかし、近年、一人旅をしている女性が犯罪に巻き込まれたというニュースをよく見かけます。
女性は、スリや窃盗といった軽犯罪のものから、性犯罪という重い犯罪のものまで、男性よりもはるかに狙われやすいので十分に気を付けなければなりません。

旅の途中、治安が良い日本では、想像できないような恐ろしい目に遭わないように、安全な旅が楽しめるポイントを挙げてみました。

危険を回避するためのポイント

緊急連絡先をメモしたものを事前に準備して持っておく

外出する際は、必ず、緊急連絡先をメモしたものを持っていくと安心です。
メモをしておいた方が良い緊急連絡先とは、次の連絡先のことです。

・海外旅行保険会社の電話番号
海外旅行保険に加入しているなら、スリや窃盗で物を盗られた場合、すぐに連絡しましょう。
保険を適用するために、保険会社にこの後、どうすればよいのか対処方法を教えてもらいましょう。

・現地の警察署の住所・電話番号
スリや窃盗で物を盗られた場合、現地の警察署で窃盗届を出さないと、保険会社の保険が適用されないので、必ず、現地の警察署がどこにあるのか確認しておきましょう。

また、現地で犯罪に遭った時に助けを求める場所として駆け込めるように連絡先を控えておきましょう。
住所だけ控えても行き方が分からないと困るので、最寄りの駅名など、目的地までスムーズにたどり着けるようにメモをしておきましょう。
下手に道に迷ってキョロキョロしたり、スマートフォンをいじっていたりすると、隙ができて犯罪者に狙われやすくなります。

・大使館や総領事館などの在外公館の住所・電話番号
海外に行って、トラブルに巻き込まれたときや何か困っていることが起きたとき、相談に応じてくれます。

現地の警察署よりも、在外公館の方が日本語で通じますし、やりとりもスムーズなのでこちらを頼りにした方が良いです。
「海外安全ホームページ」では、様々な国の安全情報を確認することができます。
ウイルスの感染などの病気、テロなどの安全に関わる情報などが載っています。

・クレジットカード会社の電話番号
クレジットカードを盗まれたら、すぐに電話をして止めてもらいましょう。

パスポート紛失や盗難被害に合った時のために大使館の場所はあらかじめ確認しておくとよいです。

在外公館のサービス「たびレジ」に登録しよう

「たびレジ」というサービスに登録すると、最新の渡航情報や緊急のお知らせが受け取れるので便利です。万が一、事故や災害に遭った時、登録しておくとスムーズに支援が受けられます。

たびレジに登録しておくと、現地の緊急情報などを入手することができます。
日本だと歩きスマホをしながらということが多いと思いますが、海外では危険です。自動的にニュースが入るようにしておくと便利でしょう。

海外へ行ったとき、日本女性が一人で歩いていたら、アジア圏でない限り、やはり目立ちます。
その際、キョロキョロしたり、おもむろに携帯電話を取り出して調べものなどをし始めたりしたら、確実に犯罪者に狙われると思ってください。
犯罪者は、良いカモを見つけるために、目を光らせて見ています。
隙を与えないように、堂々と歩き、変に声を掛けられても応じないようにしましょう。
また、後をつけられて、ホテルの部屋に入る瞬間を狙って一緒に部屋へ入ってきたり、人通りの少ない場所で一気に襲われるケースがあるので、誰かにつけられていないか注意しておきましょう。
服装は過度にオシャレなものは控え、現地に馴染む服装にしましょう。

その日の旅のプランを決め、家族や友人に知らせる

その日の旅のプランを決めて、家族や友人に知らせておけば、トラブルに巻き込まれていないか確認できるので知らせておきましょう。
また、事前に、その日、計画している目的地までの移動方法を調べておくことで、外出しても堂々と歩けるので、隙をつくらずに済みます。
外出時には、事前に治安の悪い場所を調べ、通らないようにしましょう。

安心な国なんてない

なるべく、治安の良い国に旅行に行けば、とりあえず大丈夫だろうと考えるのは非常に危険です。
親日的な国だから大丈夫、治安が良い国だから大丈夫という思い込みは幻想です。
例えば、ヨーロッパだと、日本のアニメの普及などで親日家が増えた印象があり、日本人に対して好感を抱いている人がたくさんいます。
しかし、ヨーロッパには生粋のヨーロッパ人だけがいるわけではありません。
ヨーロッパでは、裕福でない移民が多いので、治安もそこまで良いとは言えませんし、教育もさほど受けていないので、新日家という概念さえない可能性があります。
親日家の国だからと言って、全ての人が親日家であるはずはありません。
犯罪を犯そうと、虎視眈々と狙っている犯罪者にとって、危険を察知するのに疎い日本人は恰好の餌食です。
まして、女性の一人旅なら、危険度が倍増するのは当然のことです。

一人旅に期待を持つのも良いですが、身を引き締めてお出かけください。

一人旅にオススメの国を紹介

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!