rainbow.jpg

観光ではちょっとマイナー?西オーストラリア・パースの魅力!!

海外旅行編

 観光ではちょっとマイナー?西オーストラリア・パースの魅力!!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

オーストラリアの穴場スポットはどこだ!?

オーストラリアの都市といえば,オリンピックが開催されたシドニーや日本でも競馬で有名なメルボルン。

あるいは個性的な動植物で知られるタスマニアなんかを想像する方が多いかと思いますが,実はこれらの有名な地域はすべてオーストラリアの東側に位置しております。

ではオーストラリアの西部で観光出来る町は一切ないのかというと,決してそんなことはありません。

ここではオーストラリア観光の中でも,ちょっとディープな西オーストラリアの州都・パースについてお話させていただきます。

そもそも、パースってどこにあるの!?

西オーストラリアは国土の約3分の1を占めるほどの国内最大の州で,その州都はやや南西の海岸沿いに位置するパースとなっております。

パースといえば過去に世界で最も住みやすい街ランキングに入選したこともあるほどの評判の良い街ですが....

ニューサウスウェールズやクイーンズランドといった東部の大きな町と比べるとなぜか知名度にかけています。

その実態はどうなっているのか知らない方も多くいらっしゃると思います。

パースはどのような街なのか!?

では実際,パースはどのような街かと一言でいうと
”いい具合に田舎過ぎず,都会過ぎない”ような非常に住みやすい街です。

町並みはニューヨークや東京のように企業の高層ビルが乱立しているわけではなく、ビジネス街は街の中心部にコンパクトに凝縮されております。

オーストラリアは非常に鉱業で栄えている国でもあり、ビジネス街のど真ん中には世界的有名企業として知られるBHPビリトンやリオ・ティントなどのビルがそびえたっており、街のシンボルのような役割も果たしております。

しかしながら、本当の高層ビルというのはこれくらいで町全体としては低層階の建物が大部分を占めているため街を歩いていても大都市特有の窮屈さを感じることはあまりありません。

イメージとしては日本の札幌や福岡といった地方の政令指定都市に近い印象かと思いますが,国土の広い西オーストラリアだからことできる土地利用の仕方からかパースの方が開放的な雰囲気を感じます。

グルメはどうなのでしょうか!?

その他にもパースは西オーストラリアの海と空の玄関の役割を持っています。
港や港は連日、観光客や輸出入品がいきかっています。

最近では日本食人気にともない日本から食品なども多く輸入されているようで、海外で日本食が恋しくなってもスーパーに行けばある程度の食材は買いそろえることができます。

またパースには多くの日本食レストランが展開されており、その数はチャイニーズレストランをしのぐほどです。

しかしながらそのオーナーは中国人であるといった場合が多いようなので,味はそれほど期待しない方がよいかもしれません。

パースは交通機関が無料!?

加えて,街の利便性について特筆すると,日本ではあまり知られておりませんがパースの良いところのひとつに非常に交通の便がいいという点があります。

これは具体的にという言うことかというと,街の中心部に循環バスが複数台走っており,これを無料で利用できるのです。

バスは計4種類の異なるルートが設計されており,これを利用して無料で乗り降りすれば街の近郊で行けないところはほとんどありません。

またバスの停留所には待ち時間を表示する電光掲示板も設置されているため,海外でよくある何時にバスが来るかわからないといった不安は一切ありません。

こういったシステムは日本を含めたほかの国ではほとんど導入されておらず,こういった点が世界で高く評価されている理由のひとつなのかもしれません。

パース まとめ♡

ここまでパースについて特筆して魅力を語らせていただきましたが,西オーストラリアの魅力はまだまだこんなものではありません。

パースの近郊にもワインやスイーツで有名なマーガレットリバーや,野生のペンギンと触れ合えるペンギン島など観光すべきスポットは多々あります。

こんな魅力にあふれた西オーストラリアですが,みなさんぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか!?

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!